金網と鉄筋

多くの場合、プロジェクトでは、コンクリートを使用して長期的な建設結果を生み出す必要があります。 壁、道路、または橋や小道などの他の構造物を構築する場合でも、コンクリート構造物の下に鉄筋またはワイヤーメッシュを使用することを検討できます。 これらのサポーターのいずれかを使用すると、大幅な強化が得られ、効果が長続きします。 ただし、それを使用する前に、ワイヤーメッシュと鉄筋の違いを理解する必要があります。 それでは、これらの方法が具体的なプロジェクトを耐久性のあるものにするための堅牢なオプションである方法を見てみましょう。

ワイヤーメッシュとは何ですか?

ワイヤーメッシュまたはワイヤーファブリックとも呼ばれるワイヤーメッシュは、無数のアプリケーションで使用できる非常に用途の広い製品です。 製造能力に応じて、ワイヤーメッシュは開口部のサイズと直径のワイヤーの無限の組み合わせで作ることができ、要件に応じて織られるか溶接されます。 それらは、さまざまな程度の粗さ、重量、および開口部で作成された金属織物です。

コンクリートにワイヤーメッシュを使用すると、鉄筋では不可能な一定量のコンクリートの成形が可能になるという大きな利点があります。 金網には、普通鋼、亜鉛メッキ、ステンレスなど、耐食性に優れたさまざまな素材があり、使い勝手が良いです。

鉄筋とは何ですか?

鉄筋は、主にコンクリート構造で使用される構造化された鉄筋です。 これらの鉄筋の助けを借りて、鉄筋コンクリートの表面が準備されます。 それらは、床スラブ、壁、または支柱によく使用されます。 表面がバラバラになるのを防ぐ亀裂を防ぐのに役立ちます。 また、構造に構造強度を提供します。 鉄筋を選択する場合、必要な強度レベルに応じてさまざまなグレードとサイズの鋼を使用します。

ワイヤーメッシュと鉄筋はどのように作られていますか?

ワイヤーメッシュを作るために、金属ワイヤーは工業用織機で織られています。 それらは正確な仕様に従って作られ、ワイヤー間に正方形または長方形のギャップを残します。 ワイヤーメッシュは、完成したメッシュを作成するために使用されるワイヤーの数を正確に制御できる自動レイピアスタイルの織機に金属を織り込むことによって作成されます。 これにより、アパーチャサイズとメッシュ厚の両方で一貫性を維持するために必要なアプローチが厳密に調整されます。

鉄筋を作るには、鋼(炭素または合金)を溶かして液体にします。 溶けたら、溶鋼を小さな丸い開口部から引っ張って鉄筋構造を作ります。 未完成の鋼は鉄筋の最も安価な形態ですが、 ただし、エポキシコーティングまたはステンレス鋼も使用される場合があります。 エポキシコーティングされた鉄筋は、他の材料の鉄筋と比較して高価です。 鋼が適切に成形された後、構造の安定性を確保するために、金属上でねじられ、溝が付けられます。 それらの端は、労働者への偶発的な危害を防ぐためにプラスチックキャップで保護されています。 建設中、鉄筋は要件とサイズに基づいて油圧ベンダーとカッターを介して曲げられます。

ワイヤーメッシュと鉄筋はどこで使用されますか?

金網と鉄筋は、無数の産業用途に一般的に使用されています。 金網は、工業用ろ過、ふるい分け、シールド、選別、ふるい分け、スクリーニング、分離手順で広く使用されています。 織りメッシュは、柔軟性と展性に優れた素材です。 正確な要件に合うように成形し、あらゆる構造に​​合うように縁取りすることができます。 ワイヤーメッシュは、分離とろ過が必要な産業用途でよく使用されます。 昆虫のスクリーニングや動物の柵などの商用アプリケーションで使用されます。 また、窓の機械、階段の吹き抜けのパネルガード、暖炉のスクリーン、換気、RFIシールドなど、さまざまなタイプのセキュリティを提供します。

一方、鉄筋は、設計荷重をサポートするための抵抗を提供するために使用されます。 それらは、耐久性と美的目的にも使用されます。 それらは、床スラブ、階段、および屋根の建設で一般的に使用されます。 溶接ワイヤファブリックのより重い製造は、壁や構造床スラブで使用できます。 これは、道路舗装、ボックスカルバート、排水構造物、および小さなコンクリート運河で一般的に使用されます。

Sunflag Steelは、標準的な工業プロセスに対応し、定期的に機能するように設計された幅広いワイヤーメッシュおよび鉄筋製品を提供しています。 お客様固有の要件を満たすカスタムソリューションを開発することもできます。 あなたのニーズにぴったりの製品をお求めの場合は、いつでもご連絡ください。

今すぐ共有

Facebookで共有
Twitterでシェア
LinkedInの上にシェア

最近の投稿

Links

パンフレットをダウンロード


超合金–知っておくべき事実

広大な成長産業の需要に対応するには、最高の効率を得るために高性能の材料が必要です。 通常の鋼や合金は、そのようなより高い性能を発揮することはできません。 そこで、複雑で高性能な合金がシナリオに登場します。 それらは酸化環境および高温に対して高い耐性を持っています。 それらは超合金と呼ばれます

これらの超合金は、主にニッケル、コバルト、または鉄である主要なマトリックス元素に従って分類されます。 また、高融点金属(Nb、Mo、W、Ta)、クロム、チタンなどの複数の合金元素も含まれています。 特に高温では、高い機械的強度、耐クリープ性、耐食性を示します。 これらの特性については、他の合金よりも製造が難しく、コストがかかります。 しかし、それらは航空宇宙産業のコンポーネントにとって非常に重要です

超合金のいくつかの特性–

超合金は高温用途に使用されるため、融点に近い高温(650°Cまたは1200°F以上)で形状を維持する必要があります。 極端な温度では、特定の元素と合金化されているため、超合金は高い強度、安定性、および耐食性と耐酸化性を維持できます。

超合金の例–

マトリックス元素(Ni、Co、Fe)をクロム(Cr)、チタン(Ti)、アルミニウム(Al)、ホウ素(B)などのさまざまな元素と合金化することにより、超合金の高温特性が得られます。 場合によっては、モリブデン(Mo)、コバルト(Co)、ニオブ(Nb)、ジルコニウム(Zr)などの高融点金属も添加されます。

超合金の処理–

一般に、超合金は鋳造と粉末冶金のXNUMXつの別々の方法で処理されます。

インベストメント鋳造

ワックスモデルまたはレプリカは、溶融金属のケーシングを作成するために使用され、主に
複雑な形状に使用されます。 以前流行していた冷間圧延を改善するため
テクニック、それは最初の方法でした。

真空誘導溶解(VIM)

電流を利用して、金属原料を真空中で溶かします。 として
この方法では、化学組成の制御が強化されます。これは、
インベストメント鋳造の改善。

二次溶融

VIMプロセスの後、追加の溶融プロセスが適用され、
均質性。 これにより、初期プロセスに関連する問題が軽減されます。

変換

二次溶解によって製造された超合金インゴットを機械に適したものにするため
アプリケーション、このプロセスが含まれます。 これは、熱変形のいくつかの段階で構成されています。

直接凝固

温度勾配の存在により、合金は低温表面で核形成することができます。 粒子方向に沿ってより大きな耐クリープ性が生成されます。

単結晶成長

単結晶超合金成分は、種結晶からゆっくりと成長します。

粉末冶金(P / M)

臨界疲労用途で使用される合金を製造するためのプロセスのグループは次のとおりです。
完了しました。 超合金は、金属粉末の混合物から形成されます。 化学的圧力
これらの金属粉末を部品に結合するために適用されます。

粉末冶金(P / M)

臨界疲労用途で使用される合金を製造するためのプロセスのグループは次のとおりです。
完了しました。 超合金は、金属粉末の混合物から形成されます。 化学的圧力
これらの金属粉末を部品に結合するために適用されます。

超合金の応用

超合金の用途は、主に航空機部品、石油化学機器、
自動車機器、化学プラント、および発電所機器。

超合金の今後の動向

この分野の将来の範囲には、ユニークで複雑なものを製造するための高コストの削減が含まれます
部品、およびナノ粒子の合成。

今すぐ共有

Facebookで共有
Twitterでシェア
LinkedInの上にシェア

最近の投稿

Links

パンフレットをダウンロード


コンクリート鉄筋補強–必要な場合

コンクリート表面に鉄筋補強を追加することで、表面をより堅牢にし、ひび割れに強いようにすることができます。 大型トラックや機械を運ぶことが多いコンクリートの表面には、コンクリートの鉄筋補強は必要ありません。 ただし、張力に耐える必要があります。

鉄筋補強の助けを借りて、コンクリートの引張強度を高めることができます。 コンクリートは引張りに弱いが圧縮に強いため、このプロセスにより引張強度を高めながら、ひび割れや破損に耐えることができます。 引張強度が高いため、コンクリートに圧力をかけても破損しにくくなります。 鉄筋は、主にひびの入ったスラブが離れるのを防ぐことによって、ひびが広がるのを防ぐのに役立ちます。

コンクリートは、頑丈で耐久性のある素材であり、大型車両のコンクリートのドライブスルーや道路などの圧縮力の際に非常に優れた性能を発揮します。 しかし、強度に関しては自給自足であっても、再禁止プロセスにより、さらに堅牢で耐重量性が向上します。 コンクリートはまた、温度の変化に伴って自然に発生する膨張および収縮力に対するサポートを必要とする場合もあります。 美しく見えるコンクリート表面の下には、コンクリートスラブや壁を提供したり、美しい構造と切望されていた強度と安定性を抑制したりする、よく設計された鉄筋構造が常にあります。

鉄筋とは何ですか?

鉄筋は、鉄筋、鉄筋などとも呼ばれます。このプロセスでは、鉄筋のグループまたは鋼線のメッシュが形成され、鉄筋コンクリートおよび石積み構造に張力が発生します。 このプロセスを通じて、鉄筋は材料を圧縮状態に保持することにより、強度と圧縮を構築するのに役立ちます。

バーは複数の熱間圧延鋼材でできています。 ほとんどが新しい鋼のビレットでできていますが、材料は多くの場合、鋼の破片や古い線路に由来しています。 あなたはそれがどこで生産されたかを示す刻まれたシンボルを見つけることができます。 表面の降伏強度も確認できます。降伏強度は約60〜75、またはメートル法420または520です。

コンクリート鉄筋補強が必要ですか?

すべての建設プロジェクトでコンクリート鉄筋の補強が必要なわけではありません。 ただし、鉄筋補強を使用すると、領域の強度が大幅に変化します。 時間の経過とともにコンクリートに現れる亀裂は比較的少なくなります。 先に述べたように、コンクリートの表面は大型車両、ノンストップの交通を支える必要があり、それが鉄筋の補強が必要な理由です。 一方、私道が家族のミニバンまたは数台の車を支えるだけであると予想される場合は、鉄筋の補強は必要ないかもしれません。

亜鉛メッキパネルに作られた溶接金網など、家庭用施設の他のオプションを試すこともできます。 これらは、日常的に使用されていない、または大型トラックで運転されていない住宅の私道に最適なソリューションです。

お客様の用途に最適な素材を見つけるお手伝いをさせていただきます。 コンクリート鉄筋の補強などについて質問がある場合は、いつでもご連絡ください。

今すぐ共有

Facebookで共有
Twitterでシェア
LinkedInの上にシェア

最近の投稿

Links

パンフレットをダウンロード


鋼の製造とその一般的な用途

鋼の製造とその一般的な用途

鋼の製造は、私たちが日常生活で使用するさまざまなコンポーネントや製品を開発するために使用されるプロセスです。 これは、生の鋼を建設プロジェクトで使用できる製品またはアイテムに変換するプロセスです。 このプロセスには、原材料を取り、必要な形に成形することが含まれます。

この方法では、原材料を溶かして最終的な鋼製品に加工してから、形状を作成します。 鉄鋼製造プロセスには、原材料を市場性のあるアイテムに変換した経験を持つ高度なスキルを持つ労働者が必要です。

鋼の製造の使用は、製造される製品の最終用途に依存します。 ただし、鋼の製造はXNUMXつの主要なカテゴリに分類されます-

  1. 商業製作: この製造プロセスは、消費者が使用する商品を開発します。 電化製品や自動車、鉄鋼部品は、商業生産の最良の例です。
  2. 工業製造: 工業製造は、他の機器の開発に使用される部品を設計します。 帯鋸と鉄工機械は、工業生産の最良の例です。
  3. 構造製作: 構造製作とは、建築プロセスの一部として使用される金属加工を指します。 通常、構造用鋼は、ショップ、メーカー、建物、高層ビルで使用されます。

鋼の製造プロセス

耐食性、強度、耐久性は鋼の主要な特性の一部です。 鋼を製造する主な方法には、切断、折り畳み、溶接、機械加工、せん断、パンチング、スタンピング、鋳造が含まれます。 これらの各プロセスの仕組みの概要は次のとおりです。

  • 切断- これは、金属シートを半分、XNUMX分のXNUMX、またはそれよりも小さいセクションに分割することを含む、最も一般的に使用される鋼の製造プロセスです。 ほとんどの場合、シートまたはバーは他の望ましい形状にカットおよび再作成されています。 それらは、最終製品をより精巧でハイテクな作品にするレーザーとプラズマトーチを使用して切断されます。
  • 折りたたみ- 折り畳みは、特定の角度の形状に鋼を操作することを含む最も複雑なプロセスの90つです。 このプロセスでは、金属表面がXNUMX度または他の角度で折りたたまれ、製品が多少鈍くなります。
  • 溶接- このプロセスには、XNUMXつの別々の金属部品の接合が含まれます。 このプロセスで使用される部品には、シート、パネル、バー、またはその他の成形鋼が含まれます。 それらは、完成した使用可能な製品をもたらす多くの方法と機械によって一緒に結合されます。
  • 機械加工- 機械加工は、金属片から部分を取り除くプロセスです。 このプロセスは通常、旋盤で実行されます。旋盤は、コーナーとエッジをトリミングしてピースを目的の形状にカットするツールに対して金属を回転させます。
  • パンチング- 打ち抜きとは、金属片に穴を開けるプロセスで、金属をダイの下に置き、ドリルで打ち抜きます。 ほとんどの場合、ラッチやその他の異物を固定するために、金属のパネルに穴が開けられます。 他のアプリケーション(ブランキングとも呼ばれます)では、穴のある領域が大きなパネルから正確に抽出され、少し小さなパーツが形成されます。
  • 剪断- せん断は、平らな鋼板に直線を切るために使用される鋼の製造プロセスです。 このプロセスの間、上部ブレードと下部ブレードは、それらの間にわずかなスペースを置いて互いに追い越されます。 通常、ブレードのXNUMXつは固定されたままです。 鋼のせん断は、シート、ストリップ、バー、プレート、さらにはアングルメタルストックで実行できます。
  • スタンピング- これは、平らな鋼板を特定の形状に変換するために使用される製造プロセスです。 これは、ブランキング、パンチング、曲げ、ピアシングなどのいくつかの金属成形技術を組み込むことができる複雑なプロセスです。

    スタンピングは彫刻に似ています。 金属スタンピングの主な例はコインに見られ、単語、通貨、金額などがコインの両面に刻印されています。
  • 鋳造- 鋳造は、高温の液体金属を、希望の形状から切り出された中空の型を保持する型に注ぐプロセスです。 次に、液体金属を固化させ、金型から取り出して、最終製品または「鋳造フォーム」を明らかにします。 金属製造の最も柔軟な方法のXNUMXつとして、鋳造は広範囲の複雑な形状作成に理想的です。 最も一般的な例は、宝飾品、彫刻、武器などです。

ペーパークリップから平面部品まで、さまざまな製品の製造に鋼が使用されています。 いくつかの異なるグレードがあり、独自の化学組成を保持しています。 サンフラッグスチールでは、長期的に耐久性と頑丈さを備えた最高品質のスチールを提供しています。

今すぐ共有

Facebookで共有
Twitterでシェア
LinkedInの上にシェア

最近の投稿

Links

パンフレットをダウンロード


なぜ鋼が建設に使用されるのですか?

なぜ鋼が建設に使用されるのですか?

鉄鋼は人気のある建設資材であり、持続可能で費用効果の高い建物を作成するためにコンクリートと一緒に使用されることがよくあります。 強度と重量の比率が高く、用途が広く、印象的で、長持ちする素材です。 これに加えて、建物をより耐久性のあるものにするために、他の不適切な建築材料の代わりに鋼を使用することができます。 。

鉄鋼は、橋、建物、近代的な超高層ビルの建築、さらには空港や住宅地の建設など、無数のプロジェクトに使用されています。 これら以外にも、鉄鋼は、家電製品、家具、車両、さらには建設工具での使用において、私たちの日常生活において極めて重要な役割を果たしています。

それでは、建設における鉄鋼の利点のいくつかと、特定の問題を克服するためにそれらを建物の設計に組み込む方法を見てみましょう。

鋼が建設に使用される主な理由

  1. 強さ、美しさ、デザインの自由- 鋼は設計者に完全な自由を提供します。 その強さ、耐久性、美しさ、そして順応性により、建築家は新しいアイデアや製品を開発し、探求することができます。 特定の半径と曲線に曲げて、正確な仕様の工場完成品を製造する機能があります。
  2. より速く、効率的で、機知に富んだ- スチールは、すべての季節で迅速かつ効率的に組み立てることができます。 希望の形状に成形するのにかかる時間が短くなるため、建設時間の20%〜40%が短縮されます。
  3. 耐震性- 地震は、規模、頻度、場所の点で予測できません。 ただし、鋼は本質的に延性と柔軟性があるため、最適な材料です。 梁と柱の接続は主に重力荷重をサポートするように設計されているため、壊れたり崩れたりするのではなく、極端な荷重を処理できます。
  4. 環境にやさしい- 鉄骨構造はコンクリート構造よりも大幅に軽量であり、環境ストレスを軽減するため、必要な基礎はそれほど広くありません。 それらは移動がより簡単で、輸送コストを削減し、多くの燃料を節約します。
  5. エネルギー効率- 鉄鋼は、鉄骨の屋根から非常にすばやく熱を放射するため、エネルギー効率が高く、暑い気候の地域でよりリラックスした涼しい家庭環境を作り出します。 寒い季節には、二重のスチールパネルの壁が断熱に役立ち、室内の熱を保持します。
  6. リサイクル可能- 鉄骨フレームは簡単に再利用でき、鉄鋼業界のクローズループリサイクルシステムに循環させることができます。 このプロセスでは、材料が無駄になるのを防ぐために、溶かして再利用します。
  7. 耐火性- 防火要件を念頭に置いて、鉄骨フレームが作成されます。 火災時に構造設計を維持する不燃性の素材です。
  8. カラムが少なく、オープンスペースが多い- スチールセクションは、大規模なオープンプランで柱のない内部スペースを作成するためのエレガントで費用効果の高い方法を提供します。 平屋建ての建物では、圧延ビームは50メートルを超える正確なスパンを提供します。 トラスまたは格子構造は、これを150メートルまで拡張できます。 したがって、列の数を最小限に抑えることで、スペースの細分化とカスタマイズが容易になります。

今すぐ共有

Facebookで共有
Twitterでシェア
LinkedInの上にシェア

最近の投稿

Links

パンフレットをダウンロード


ばね鋼の特性は何ですか?

ばね鋼

ばね鋼は、さまざまな種類のばねを製造するために使用される最も人気のある材料です。 それは通常、かなりの曲げやねじれに耐え、歪むことなく元の形状に戻る材料の能力を指す高降伏強度として知られる独特の特性によって特徴付けられます。 したがって、この材料で作られた製品は、元の形状を失うことなく、大量の連続的な圧縮、曲げ、およびねじれに耐えることができます。 ばね鋼のこの見事な特性は、鋼合金の特定の組成と硬化プロセスに由来します。中程度から高い炭素含有量では、ばね鋼は通常、炭素の0.5〜1.0パーセントで構成されます。 混合物に添加される他の合金は、マグネシウム、クロム、バナジウム、モリブデン、ニッケル、およびシリコンであり、シリコンは高降伏強度を提供するための主要な成分です。 この鋼は、弾力性の限界まで簡単に曲げることができ、圧力や荷重を取り除くと変形することなく元の位置に戻ることができるほど十分な柔軟性があります。ばね鋼は、高い降伏強度に加えて、優れた引張強度と疲労強度も備えています。成形、成形、後熱処理が可能です。 これらの特性により、この鋼は多くの産業用途に適しています。 引張強さは最終熱処理によって得られます。

ばね鋼の用途

ばね鋼は、その優れた特性により、汎用鋼としても知られています。 これは主に、高品質の鋸刃、ロックピック、アンテナ、およびスクレーパーの製造に使用されます。 硬化および焼き戻しされた状態では、ばね鋼は、成形が非常に難しい平ばねの製造に非常によく機能します。 小さなばねの場合、鋼は、熱処理を必要としないか、成形ひずみを緩和するために低温焼鈍だけを必要とする形でばねメーカーに供給されることがよくあります。 らせんばねやばねばねの場合でも、鋼は焼きなまし状態で供給されます。 通常の炭素鋼は小さなばねを作るのに適したオプションですが、大きなばねの場合、断面全体で均一な構造を得るには、クロムバナジウム鋼やシリコンマンガン鋼などの合金鋼を使用することが不可欠です。 ばねの表面に何らかの脱炭や凹凸があると、疲労強度に悪影響を及ぼします。 したがって、製造業者は、最適な効率と性能を得るために、ばねの表面が完全に滑らかであることを確認する必要があります。 Sunflag Steelは、耐久性と耐久性があり、いくつかの厳しい状況で使用するのに最適な高品質の製品を数多く導入している、インドの大手ばね鋼メーカーです。

今すぐ共有

Facebookで共有
Twitterでシェア
LinkedInの上にシェア

最近の投稿

Links

パンフレットをダウンロード


鋼のトップ品種

鋼の変種

鋼は鉄と炭素のブレンドで作られています。 鋼には3500グレードがあり、それぞれが炭素、不純物、合金の含有量によって決まる物理的、化学的、環境的特性が異なります。鋼の炭素含有量は0.1%から1.5%までさまざまですが、最も一般的なのは使用される鋼種は通常0.1%-0.25%の炭素を含みます。 あらゆる種類の鋼に含まれる他の元素は、マンガン、リン、硫黄です。 マンガンは有益な効果をもたらしますが、リンと硫黄は鋼を丈夫で耐久性のあるものにするために非常に重要です。それらの化学組成に基づいて、鋼のさまざまなグレードを大きく4つのカテゴリに分類できます。

炭素鋼

炭素鋼は鉄鋼生産の大部分、つまりほぼ90パーセントを占めています。 それは鈍くてつや消しの外観が特徴であり、非常に簡単に腐食する可能性があります。 炭素とは別に、それに含まれる他の元素はマンガン、銅、シリコンです。 炭素鋼はさらに3つのサブカテゴリに分類されます。

  • 低炭素鋼– 0.3%未満の炭素を含みます。 これは最も一般的なタイプの炭素鋼です。
  • 中炭素鋼– 0.6%の炭素とマンガンを含みます。 低炭素鋼よりもはるかに強力です。
  • 高炭素鋼– 0.6%以上(最大1.5%)の炭素を含みます。 これはXNUMXつの中で最も強力ですが、操作が困難です。

合金鋼

合金鋼は、マンガン、シリコン、ニッケル、チタン、銅、クロム、アルミニウムなど、いくつかの元素の混合物です。 これらのコンポーネントは、焼入れ性、耐食性、強度、成形性、溶接性、延性などの特性を制御するために、鋼にさまざまな比率で含まれています。 この鋼は比較的安価であり、機械用途、自動車部品、発電機、パイプラインなどで広く使用されています。

ステンレス鋼

ステンレス鋼は、その耐食性(軟鋼の200倍の耐性)で最も有名です。 また、非常に丈夫で、非常に高温に耐える能力があります。これらの優れた特性により、この光沢のある合金は、電化製品、機器、器具の製造など、さまざまな用途に使用されています。 一般に、ステンレス鋼には、炭素量の少ない主要な合金元素として10〜20%のクロムが含まれています.100以上のグレードがあるこのカテゴリの鋼は、すべての中で最も用途が広く、特定の要件に応じて簡単にカスタマイズできます。 ステンレス鋼は、その結晶構造に応じて、次のグループに分類されます。

  • オーステナイト–オーステナイト鋼の組成は通常18%クロム、8%ニッケル、0.8%未満の炭素です。 磁気特性がなく、熱処理もできません。 オーステナイト鋼は世界の鉄鋼業界の大きな部分を占めており、厨房機器や機械の製造など、さまざまな用途で使用されています。
  • フェライト系–フェライト鋼は比較的扱いやすいです。 熱処理では硬化しませんが、冷間加工で強度を上げることができます。 それらは主に少量のニッケル、12〜17%のクロム、約0.1%の炭素、およびモリブデン、アルミニウム、チタンなどの他の合金成分で構成されています。
  • マルテンサイト–約11〜17%のクロム、0.4%未満のニッケル、および1.2%の炭素を含むマルテンサイト鋼は、本質的に磁性があり、熱処理が可能です。 それらは通常、ナイフ、切削工具、および医療機器の製造に使用されます。

工具鋼

名前が示すように、この炭素合金鋼は、切削工具や穴あけ工具の製造に最適です。 この材料の重要な特性には、硬度、耐摩耗性、靭性、および高温での軟化に対する耐性が含まれます。工具鋼は、主にタングステン、モリブデン、バナジウムなどの炭化物形成元素でさまざまな比率で構成されています。 また、コバルトとニッケルで構成されており、耐熱性と強度を高めています。 さらに、それらは通常、硬度を上げるために熱処理され、プラスチックのスタンピング、せん断、および成形に使用されます。SunflagSteelに連絡して、要件に合った最高品質の鋼を調達してください。 私たちの専門家は、耐久性があり、一生続く適切な製品の選択を喜んでお手伝いします!

今すぐ共有

Facebookで共有
Twitterでシェア
LinkedInの上にシェア

最近の投稿

Links

パンフレットをダウンロード


鉄筋と鉄筋の違い

鉄筋と鉄筋の違い

鉄鋼は非常に長い間建設業界の重要な部分でした。 鋼が金属としてどれほど用途が広く、強度が高いかを考えると、驚くことではありません。 さまざまな種類の製品の製造に使用できます。 これに伴い、環境破壊の状況を考えると、より持続可能な製品を作ることへの圧力が高まるにつれて、鉄鋼はますます目立つようになります。 鉄鋼は、環境へのダメージを最小限に抑えて効率的に生産する方法があるため、持続可能な金属です。 これに加えて、鋼は鋼の特性を失うことなく無期限にリサイクルする能力も持っています。 これらの理由から、鉄鋼は建設業界において重要な役割を果たしてきました。 しかし、最近では鉄筋や鉄筋の人気が高まっています。 鉄鋼のコストの上昇は、建設で最も人気のある金属のXNUMXつからこのシフトの理由のXNUMXつです。 作成された最新のインフラストラクチャとコミュニティは、もはや鉄鋼をそれほど必要としません。 鉄鋼、アルミニウム、鉄などの金属への依存度が低下しました。 鉄筋は最初に設計されてから長い道のりを歩んできましたが、今では多くの業界でますます人気が高まっています。鉄筋や鉄筋は、多くの点で鉄筋よりも優れています。 その中に追加の要素があることを考えると、それができることと耐えることがたくさんあり、それは鋼と比較して優れています。 たとえば、それは非腐食性です。 鉄筋は、鋼とは異なり、分子の完全性を失うことなく最大XNUMX年持続できます。 化学的攻撃や湿気に耐える能力があり、影響はありません。 湿気が鋼と反応して錆びやすいため、これを比較すると重要な違いです。鉄筋鋼は通常の鋼よりも軽量です。 軽量でより効率的な製品が市場を支配しているため、これは最近特に重要です。 鉄筋は通常の鉄筋の1/4の重量であり、請負業者がプロジェクトを時間どおりに遂行する能力を容易にするために役立ちます。 鉄筋は軽量であるため、通常の鋼よりも輸送が容易で、設置も容易です。他の多くの金属や通常の鋼と比較して、曲げ強度が高くなっています。 これは、鉄筋の最大曲げ強度が通常の鋼よりも高いことを意味します。 これは明らかに、鉄筋と通常の鋼のどちらかを選択する場合に、より好ましいオプションになります。 さらに、その鉄筋鋼は非導電性で断熱性があります。 また、引張強度が向上しているため、通常の鋼よりもコンクリートでの作業に最適です。通常の鋼に比べて鉄筋を使用することで、すべてのプロジェクトのコストを削減できます。 それらは、労働力のコストを削減し、設置費用を削減し、メンテナンスの必要性(したがってそれに費やされる金額)を削減します。 鉄筋には通常の鋼よりも長持ちする能力もあり、長期的なプロジェクトではるかに優れたオプションになります。 鉄筋はまた、通常の鋼と比較して、電波やその他の放射に対してはるかに透明です。 特に今日の時代では、これは建物を選択する際に考慮すべき適切な要素です。 すべての作業スペースには、簡単に送信できるため、接続性が向上する建物が必要です。 したがって、これはまた、通常の鋼と比較した場合、鉄筋鋼をそのようなオフィスビルにとってより理想的な選択肢にします。 また、高い衝撃に耐えるしきい値もはるかに高くなっています。 これは、材料を降ろすときに非常に役立ちます。 これは、両方の金属が同じ種類の荷重を分担している場合でも、鉄筋の損傷が通常の鋼の損傷よりもはるかに小さいためです。鉄筋は、通常の鋼よりも気候面で有利です。 鉄筋は、過酷な気候でもはるかに耐久性と信頼性があります。 実際、過酷な気候に対してより低いしきい値を持つ通常の鋼とは異なり、さまざまな気候空間に適したオプションとして機能します。

再利用とリサイクル:

今すぐ共有

Facebookで共有
Twitterでシェア
LinkedInの上にシェア

最近の投稿

Links

パンフレットをダウンロード


製品の持続可能性–鋼のライフサイクル

鋼のライフサイクル

私たちが目指す世界では、地球温暖化と環境問題の観点から、私たちの日常生活におけるより持続可能な選択肢について考え始める時がきました。 私たちは、明日をより良くするために持続可能性が切迫している段階に達しています。 私たちが日常的に使用している製品から、製品の持続可能性に基づいてシフトするとき、鋼は重要な役割を果たします。 鋼は、世界で最も多くリサイクルされる材料のXNUMXつであり、その特性を失うことなく、ほぼ無期限にリサイクルできます。 これは、持続可能な金属としてどのように機能するかを理解するための鋼のライフサイクルです。

  • 責任を持って原材料を入手する。 鉄鋼生産の最初のステップは、持続可能な方法で原材料を入手することです。これにより、環境への影響を最小限に抑えることができます。
  • 第二段階は鋼の効率的な生産です。 鋼のライフサイクルにおける次の重要なステップは、実際に原料から鋼を効果的かつ効率的に生産することです。 この製品を実行する方法はXNUMXつあります。 その他の高炉での鉄鉱石ベースの生産、またはスクラップベースの生産。 企業が鉄鉱石ベースの生産の領域内で、企業が改善し、より環境的に効果的になる機会があります。 鉄鉱石ベースの鉄鋼生産における技術は、二酸化炭素排出量を削減するために常に改善する必要があります。
  • 鋼の製造における次のステップは、明らかにそれを使用することです。 鋼は一般的に使用される金属であり、非常に強いです。 それには複数の用途があり、その多くは私たちが使用する日常の製品を認識しています。 これらは、車の本体から家庭内の道具まで多岐にわたります。 ここでは、鋼ベースの製品の製造中にエネルギー効率の高い方法が使用されることが重要です。
  • 鋼鉄が使用されると、残りの急な生産物の再循環があります。 可能な限り、製鋼からの残留物は、未使用の原材料の代わりに再循環されます。 製鋼工程で発生する粉塵のほとんどは、同じ工程で再利用されます。 これにより、発生する廃棄物の量が減少します。
  • 最後に、作成された最終製品は、コースを実行すると、元の特性を失うことなく、何度もリサイクルできます。

再利用とリサイクル:

今すぐ共有

Facebookで共有
Twitterでシェア
LinkedInの上にシェア

最近の投稿

Links

パンフレットをダウンロード


鋼は持続可能な建設の未来

鋼は持続可能な建設の未来

気候変動が加速する中、すべての業界が自らのペースを取り、持続可能な手順に向けて最善を尽くしています。 建設は世界中で急速に高まっています。そのため、途中で持続可能な材料とプロセスを検討することがますます重要になっています。 これらの決定は、長期的に持続する堅牢な構造の構築と一致する必要があります。 スチールは安全な原料であり、環境に優しい代替品であることのすべてのボックスをチェックします。

再利用とリサイクル:

鋼は地球上で数少ない材料のXNUMXつであり、一度だけ「アップサイクル」することはできず、何度も「マルチサイクル」することができます。 この著名な要素は、使用しても品質が低下することはなく、複数回の使用に適しています。 同様に、エネルギー効率の高いインフラストラクチャ、低炭素輸送サービスなど、持続可能性をサポートする業界で大きく使用されています。 ほとんどの建築業者と地球にとって幸運なことに、鉄鋼はリサイクル可能であるだけでなく、再利用可能でもあります。 残り物や以前に使用した鉄鋼材料は、橋の建設、壁の構造、住宅の建築要素などに再利用できます。建設業ですぐに費やされる再生不可能な資源とは異なり、鉄鋼は地球上に豊富にあり、賢明です。より良い未来のために他の材料よりも選択。

耐久性と安全性:

鋼の素晴らしい品質のXNUMXつは、その耐久性にあります。 この構造コンポーネントは、このビジネスで使用されるほとんどのアイテムよりも簡単に強力です。 鋼の完全な強度は、長持ちし、損傷や解体の影響を受けにくい耐久性のある構造を構築するのに役立ちます。 これにより、プロセスを通じて無駄を減らし、より多くの土地スペース、より長い製品ライフサイクル、人々や企業のより健康的な空気を残すことができます。これに加えて、鋼は湿気や湿気による損傷を受けにくく、重要な貢献者です。任意のプロパティで。 この非常に特徴的な特性により、鋼で作られた構造物は健康と幸福のリスクを引き起こす可能性が低くなります。これはほとんどの組織や請負業者が細心の注意を払っています。 また、高層複合施設のより良い基盤と解剖学的構造を作成することもできます。

炭素効率:

炭素排出量の削減は、時間の必要性だけでなく、ほとんどの業界や業界がシステムに組み込んでいる品質でもあります。 鉄鋼生産は、全体的な排出量と温室効果ガスを削減することでこれを達成した数少ない産業のXNUMXつです。 炭素に飢えた背景から来て、鉄鋼メーカーとトレーダーは最近、より良い管理システム、優れたろ過システム、高炉システムの代替など、多くの変更を加えることで二酸化炭素排出量を削減することを学びました。 これらのような新しい技術を使用して炭素排出量を削減することも、他の利点につながる可能性があります。 正しく使用されれば、いくつかの新進気鋭の機械とその機械工は、鉄鋼の生産と製造中に放出される他の有害ガスの影響と汚染を減らすのに役立つかもしれません。

Sunflag Steelと将来のプロジェクト:

私たちSunflagSteelは、より環境に優しい未来の重要性を理解し、信じています。 これにより、私たちは常にクライアントと環境を同様に支援する鉄鋼プロバイダーになることができます。 私たちの使命は、継続的な技術の向上と人材の向上を通じて、お客様の「持続可能な成長と投資収益率」を達成することです。 Sunflag Steelは、研究開発ラボで最先端の機器を使用して、すべての生産施設を一貫して支援します。これにより、顕著な二酸化炭素排出量を残さずに、環境効率の高い方法でビジネスを進めることができます。

今すぐ共有

Facebookで共有
Twitterでシェア
LinkedInの上にシェア

最近の投稿

Links

パンフレットをダウンロード