ステロイド市販

ステロイド市販
英語 English 日本語 Japanese

見積もりを取得

    鉄筋コンクリート構造でのステンレス鋼鉄筋の使用方法

    ステンレス鋼鉄筋は補強構造で使用されています
    鉄筋コンクリート構造の場合、多くの企業や請負業者は従来の炭素鋼鉄筋ではなくステンレス鋼鉄筋を好むため、構造の耐用年数が延長され、修理やメンテナンスなどのライフサイクルコストが最小限に抑えられます。
    ステンレス鋼は、塩化物または他の要因によって引き起こされる腐食に効率的に抵抗する独自の能力を持っています。 これにより、コンクリートの耐久性が向上します。 このため、ステンレス鋼鉄筋は、高速道路橋、スロープ、バリア壁、駐車場、海洋施設、トンネル、建物の基礎、修復などの構造物で広く使用されています。 また、耐食性が非常に必要な化学プラントやその他のプロセスプラントのインフラストラクチャにとっても優れた選択肢です。
    構造の強度と耐久性は、地震による外乱時に直立して無害であることを保証するために重要です。 高い引張強度、延性、靭性、耐疲労性などの優れた特性により、ステンレス鋼の棒は、高い地震活動の領域で橋やその他の構造物を構築するための主要な優先事項です。
    基本的な炭素鋼の磁気特性が好ましくないアプリケーションでは、ステンレス鋼鉄筋が最良の代替品です。 それらは低い透磁率を持っているので、それらは磁場を形成せず、非鉄金属からの周囲の磁場が敏感な機械またはプロセスに損傷を与える可能性がある場所に含めることができます。
    ステンレス鋼鉄筋は高強度鋼であるため、腐食や崩壊を防ぐためにプロジェクトで使用されるコンクリートカバーの量を大幅に削減できます。 最近では、多くのエンジニアや建築家がステンレス鋼棒の使用に応じてさまざまな構造を設計しているため、コストと材料を大幅に節約できます。 さらに、ステンレス鋼の鉄筋を使用すると、この高性能システムが必要な保護を提供するのに十分以上であるため、橋のベルトとサスペンダーの追加の保護は不要です。 また、修理やメンテナンスの必要性がほとんどないため、サービス運用の中断が少なくなります。
    ステンレス鋼棒をコンクリート補強材に使用する場合、その長さは重要な要素です。 このプロセスでは、最大の長さを得るために、鋼棒を互いに接続する必要があります。 これにより、バーが重なり、バーの長さが短くなります。 また、コストが増加し、構造の強度が低下します。 長いバーを使用すると、重なり合うことによって失われるバーの割合が少なくなり、いくつかの小さいバーと比較して、結合に必要な時間と労力が少なくなります。 さらに、強度を失うことなく、重量とスペースを節約できます。
    Sunflag Steelでは、ステンレス鋼の鉄筋をさまざまなサイズと長さで用意しているので、さまざまなプロジェクトや構造で使用できます。 これらの優れた品質のバーは、それらを一生持続させるすべての機械的特性によって特徴付けられます!

    耐食性

    Facebookで共有
    Twitterでシェア
    LinkedInの上にシェア

    最近の投稿