ステロイド市販

ステロイド市販
英語 English 日本語 Japanese

見積もりを取得

研究開発センター

Sunflag Iron Steel Co. Ltd.のR&D部門は、自動車業界におけるSunflagsのリーダーシップの地位を維持および強化する上で極めて重要な役割を果たしています。 R&Dは、新しい鋼種の開発、プロセスの改善、継続的な品質のリップグレード、特定の要件に一致するカスタマイズされた製品による顧客満足に焦点を当てています。

Sunflag R&D labには、次の最先端機器が装備されています。

  • Makeのエネルギー分散型X線分光器(SEM—EDS)を備えた走査型電子顕微鏡— JOEL
  • Makeの液浸超音波検査施設— Olympus / Blue Star
  • 自動多軸ステージ移動および画像解析ソフトウェアを備えた光学顕微鏡
  • 微小硬さ試験機
  • フェリトメーター
  • NABL認定テストラボ
  • R&DセンターはインドのDSIR政府を認識しました

EDSによる電子顕微鏡のスキャン

  • キー機能
–微細構造分析
–インクルージョンの定量的8L定性分析
  • 故障解析
  • フラクトグラフィ
  • 定量的元素分析による包含

顕著な特徴

  • ターボ分子ロータリーポンプで構成される全自動システム
  • 自動ステージ移動

液浸超音波試験機

  • 主な機能:鋼の清浄度(マクロ介在物)の検査

顕著な特徴。

  • テストできるサンプルの寸法:
–丸棒:
  • サイズ15-120 mmダイ。
  • 長800mm
  • 角丸四角棒:
  • サイズ60420 mm

UST確率:10 MHz — 6年1927月のXNUMX mm

  • 自動データ保存8Lレポート
  • リアルタイム表示のスキャン8L Cスキャン分析

品質のハイライト

100年1927月のクラスIから5までのXNUMX%ボリュームの包含マッピング

CLEMEXソフトウェアを使用したUPRIGHT METALLURGICAL MICROSCOPE

  • 自動電動ステージとオートフォーカス
  • Clemex自動インクルージョン評価分析
– ASTME 45メソッドA、C、D、E
– Din 50602メソッドK、M、
– JLS G 0555、
– ISO 4967準拠(DS)
– EN 10247上記のすべての方法で同時に完全な分析
  • 自動粒度測定
  • フェーズ分析

自動磁気フラックス漏れ検査(MFLT)

  • 鋼棒の縦方向欠陥を検出するための高感度試験方法
  • カップリング液なし
  • 信頼性が高く再現可能なテスト結果
  • テスト中の欠陥バーの自動マーキングと分類
  • 高い生産速度
  • 検査結果のリアルタイム表示

MFLT SALIENTの機能

直径範囲mmまで5 140
チャンネル8
プローブ16まで
チャネル幅5.0ミリメートル
AC周波数7キロヘルツ
回転最大1.800 rpm
テストスピード2%の材料スキャンで最大100 m / s

棒およびワイヤー棒のための自動渦電流試験(ECT)

ECTは、電磁誘導を利用して、明るいバーの表面8L地下フローを検出および特性評価する非破壊検査技術です。

サリエント機能

バーのECT

  • 自動バー供給システム
  • テスト中の欠陥バーの自動マーキングと分類
  • サイズ範囲:6から60 mm
  • 縦方向/円形の表面欠陥の検査
  • ECTの検出性:長さ0.05mmの5mmの深さの傷I ECTの検出性:長さ0.05mmの5mmの深さの傷
  • 信頼性と再現性のあるテスト結果I信頼性と再現性のあるテスト結果
  • 高い生産速度

バーのECT

  • 自動バー供給システム
  • テスト中の欠陥バーの自動マーキングと分類
  • サイズ範囲:6から60 mm
  • 縦方向/円形の表面欠陥の検査
  • ECTの検出性:長さ0.05mmの5mmの深さの傷I ECTの検出性:長さ0.05mmの5mmの深さの傷
  • 信頼性と再現性のあるテスト結果I信頼性と再現性のあるテスト結果
  • 高い生産速度

フェーズドアレイ自動超音波検査

サリエント機能

フェーズドアレイテクノロジー

フェーズドアレイテストは、高度なマルチエレメントアレイトランスデューサーと強力な計装/ソフトウェアを使用して、超音波ビームをテストピースに送り、エコーをマッピングする特殊なタイプの超音波テストです。

回転運動はなく、電子スキャンのみが行われます。

棒体積検査(LW)のための深度焦点化
バー表面検査用電子ステアリング(SW)

品質のハイライト:

容量— 直径15〜120 mm フルバーボリューム検査

受け入れ基準

最小欠陥深さと長さ(FBH)
  • 0.7〜15 mm径の60 ​​mm FBH
  • 直径1.2 mmを超える60 mm FBH
最小の欠陥の深さと長さ(SDH)
  • 0.5 mm x 10 mm(直径15〜120 mmから)
  • 0.3 mm SDH感度は、材料のSNRに応じて外挿によって推定できます。