ステロイド市販

ステロイド市販
 
English English Japanese Japanese

見積もりを取得

     

    ステンレス鋼の鉄筋とは何ですか? それらはどのように使用されますか?

    建設現場で起こったことがある場合は、気付かないうちにステンレス鋼の鉄筋に出くわした可能性があります。 独特の溝、ステンレス仕上げ、そして信じられないほどの多様性により、今日のコンクリートジャングルの時代には見逃せません。 しかし、それらは正確には何であり、それらはどのような機能を果たしますか? 確認してみましょう。

    ステンレス鋼の鉄筋とは何ですか?

    鉄筋、またはより一般的に呼ばれる「鉄筋」は、構造を補強するために使用される鉄筋です。 これらの構造は通常コンクリート製であり、鋼を使用することにより、張力がかかったときに追加の構造的完全性が必要になります。 鉄筋は、XNUMX本の鋼棒、または鋼線の束のいずれかです。 さらに、バーは滑らかではなく、溝、ガッシュ、変形があり、コンクリートが引っ掛かり、しっかりと結合できる摩擦のある表面を作成します。
    コンクリートがこれらの鉄筋を必要とする理由は、それ自体の引張強度があまりないためです。 結果として、たとえ圧縮下でその完全性を保持していても、張力下ではできません。 その場合、鉄筋が役立ちます。
    ステンレス鉄筋とは
    ステンレス鋼の鉄筋は、その名前が示すように、炭素鋼ではなくステンレス鋼で作られた鉄筋です。 炭素鋼と比較して、ステンレス鋼の鉄筋は腐食しにくいです。 これにより、寿命が延び、構造物が損傷するリスクが少なくなります。

    ステンレス鋼の鉄筋はどのように使用されますか?

    ステンレス鋼の鉄筋は同種のカテゴリーではありません。 微細構造に応じてさまざまな種類のステンレス鋼棒があり、それらは異なる機能を果たします。 例えば、 ステンレス鋼の鉄筋 クロムのレベルが高いと、バーが腐食しにくくなります(酸化膜の形成による)。 一方、ニッケルの量が多いステンレス鋼の鉄筋は、延性が高く、成形が容易であることが証明されています。 同様に、モリブデンや窒素などの元素も防食特性を改善します。

    組成に応じて、ステンレス鋼の鉄筋はさまざまなカテゴリに分類され、それらのカテゴリ内でさえ、さまざまなグレードに分類されます。 ただし、一般的に、ステンレス鋼の鉄筋は、簡単に交換できる可能性が低い場所や腐食性が非常に高い場所で使用するのが最適です。

    1.水に近い構造

    ステンレス鋼の鉄筋の防食特性を考えると、当然のことながら、それらの最も一般的な用途のXNUMXつは、水(特に食塩水)に近い構造物です。 また、鋼が腐食する可能性が非常に高い高温多湿の気候にも当てはまります。 これには、防波堤、橋、桟橋、ドック、街灯柱、手すり、電気、信号塔などのアンカーが含まれますが、これらに限定されません。戦車。

    2.高い延性強度を必要とする構造

    張力に耐えながらステンレス鋼の鉄筋の高い延性を考えると、それらは多くの構造に耐えられるため非常に人気があります。 たとえば、高架道路、駐車場、高架、空港構造物、高層ビルに非常に頻繁に使用されます。 それらは、構造物を助け、震えで生き残るために、地震が発生しやすい地域に建てられた構造物にとっても重要です。

    3.なじみのない/不明な環境

    ステンレス鋼の鉄筋は、非常に信頼性の高い選択肢です なじみのないまたは未知の環境。 これは、検査が不可能な場所、または修理が不可能である、および/または非常に高価な場所に当てはまります。 その場合、長寿命を約束できるステンレス鋼の鉄筋を使用する方が安全です。

    4.低透磁率が必要な場所

    ステンレス鋼の鉄筋の別の品質は、透磁率が低いことです。 磁場にさらされると独自の磁場を形成する炭素鋼の鉄筋とは異なり、ステンレス鋼の鉄筋はより少ない磁場を形成します。 これにより、鉄による磁場への曝露が少ない建物に最適です。 たとえば、病院(MRIマシンを使用)、料金所(タグシステムを使用)、化学プラント、研究室、原子力プラントなどはすべて鋼を使用しています。

    ステンレス鋼の鉄筋は、石材製品の長寿命に役立ちます。 Sunflag Steelsのような企業のバーは、建設プロセスと結果を改善するだけでなく、生産の信頼性も高いため、優れています。

    Facebookで共有
    Twitterでシェア
    LinkedInの上にシェア

    金網と鉄筋

    多くの場合、プロジェクトでは、コンクリートを使用して長期的な建設結果を生み出す必要があります。 壁、道路、または橋や小道などの他の構造物を構築しているかどうか

    続きを読む»