ステロイド市販

ステロイド市販
 
English English Japanese Japanese

見積もりを取得

     

    コンクリート鉄筋補強–必要な場合

    コンクリート表面に鉄筋補強を追加することで、表面をより堅牢にし、ひび割れに強いようにすることができます。 大型トラックや機械を運ぶことが多いコンクリートの表面には、コンクリートの鉄筋補強は必要ありません。 ただし、張力に耐える必要があります。

    鉄筋補強の助けを借りて、コンクリートの引張強度を高めることができます。 コンクリートは引張りに弱いが圧縮に強いため、このプロセスにより引張強度を高めながら、ひび割れや破損に耐えることができます。 引張強度が高いため、コンクリートに圧力をかけても破損しにくくなります。 鉄筋は、主にひびの入ったスラブが離れるのを防ぐことによって、ひびが広がるのを防ぐのに役立ちます。

    コンクリートは、頑丈で耐久性のある素材であり、大型車両のコンクリートのドライブスルーや道路などの圧縮力の際に非常に優れた性能を発揮します。 しかし、強度に関しては自給自足であっても、再禁止プロセスにより、さらに堅牢で耐重量性が向上します。 コンクリートはまた、温度の変化に伴って自然に発生する膨張および収縮力に対するサポートを必要とする場合もあります。 美しく見えるコンクリート表面の下には、コンクリートスラブや壁を提供したり、美しい構造と切望されていた強度と安定性を抑制したりする、よく設計された鉄筋構造が常にあります。

    鉄筋とは何ですか?

    鉄筋は、鉄筋、鉄筋などとも呼ばれます。このプロセスでは、鉄筋のグループまたは鋼線のメッシュが形成され、鉄筋コンクリートおよび石積み構造に張力が発生します。 このプロセスを通じて、鉄筋は材料を圧縮状態に保持することにより、強度と圧縮を構築するのに役立ちます。

    バーは複数の熱間圧延鋼材でできています。 ほとんどが新しい鋼のビレットでできていますが、材料は多くの場合、鋼の破片や古い線路に由来しています。 あなたはそれがどこで生産されたかを示す刻まれたシンボルを見つけることができます。 表面の降伏強度も確認できます。降伏強度は約60〜75、またはメートル法420または520です。

    コンクリート鉄筋補強が必要ですか?

    すべての建設プロジェクトでコンクリート鉄筋の補強が必要なわけではありません。 ただし、鉄筋補強を使用すると、領域の強度が大幅に変化します。 時間の経過とともにコンクリートに現れる亀裂は比較的少なくなります。 先に述べたように、コンクリートの表面は大型車両、ノンストップの交通を支える必要があり、それが鉄筋の補強が必要な理由です。 一方、私道が家族のミニバンまたは数台の車を支えるだけであると予想される場合は、鉄筋の補強は必要ないかもしれません。

    亜鉛メッキパネルに作られた溶接金網など、家庭用施設の他のオプションを試すこともできます。 これらは、日常的に使用されていない、または大型トラックで運転されていない住宅の私道に最適なソリューションです。

    お客様の用途に最適な素材を見つけるお手伝いをさせていただきます。 コンクリート鉄筋の補強などについて質問がある場合は、いつでもご連絡ください。

    今すぐ共有

    Facebookで共有
    Twitterでシェア
    LinkedInの上にシェア