ステロイド市販

ステロイド市販
英語 English 日本語 Japanese

見積もりを取得

ステンレス鉄筋

私たちに関しては

Sun fl ag Iron&Steel Co. Ltd .. lNDIAは有名なSun fl ug Groupの.1部です。 sunllag Groupは1937年にケニアで設立されました。ケニア、タンザニア、ナイジェリア、コメルーン、イギリス、インドで10,000万人以上の従業員を擁するさまざまな活動を行っています。

インドでは、Sunflag Iron&Steel Co. Ltd(SlSCO)の活動は、鉄鋼およびステンレス鋼製品と電力部門の0.5つの事業セグメントに分かれています。 SISCOは、ドイツのMANNESMANN DEMAGおよびKRUPPからの技術的ノウハウと主要設備を備えた統合製鋼プラントを設立しました。 これは最も近代的なプラントであり、年間XNUMX万トンの石油圧延製品の生産能力を備えた、インドでこの種の最初の統合製鋼プラントであり、世界で最高のプラントに匹敵します。 この工場では、合金鋼、特殊鋼、ステンレス鋼を生産しており、インドの大手自動車メーカーにも供給されており、生産の大部分を輸出しています。 SISCOは製鉄所の要件を満たすために独自の自家火力発電所を持っています。

ISO 9002 / QS 9000組織により、最高品質の鋼材をお客様に提供しています。

IS 16651:2017の強化ステンレス鋼鉄筋(フェライト)グレードG

SS鉄筋グレードGとは何ですか?

これは、Sunflag Steelによってインドで最初に導入された新しい種類のステンレス鋼鉄筋です。 SS鉄筋グレードGは、11〜13.5%のクロム鉄筋を含み、優れた耐食性を備えた低コストのステンレス鋼です。 SS REBAR GRADE Gは、TMT、エポキシコーティング、亜鉛コーティングされた鉄筋に比べて耐食性が優れているため、建物の寿命を延ばす新時代の建築材料です。

SS鉄筋グレードGを選ぶ理由

他の鉄筋と同様に、SS REBAR GRADE Gは補強の役割を果たします。 建物のコンクリートの内部構造は鋼でできています。 大気にさらされたときに表面に酸化クロム層が形成されるため、SS REBAR GRADE G鉄筋は腐食されません。 この保護酸化物層は、コンクリートの鉄筋の寿命を改善します。 XNUMX世紀のSS REBAR GRADE Gは、腐食のない構造物を建築業者、建築家、消費者に贈ったものです。

コンクリート構造物の腐食

鉄筋の腐食は、コンクリート構造物のメンテナンスや修理のコストにつながります。 腐食は、コンクリートの炭酸化の結果として発生し、鉄筋を囲む保護不動態層を破壊します。 海洋環境、化学および鉱物処理プラントなどでは、腐食は通常、腐食性の高い塩化物イオンがコンクリートから鉄筋に侵入することによって引き起こされます。 鉄筋の腐食生成物(鉄の塩と酸化物)は、元の鋼材よりもかなり大きな体積を占め、その結果、コンクリートにひびが入り、その後破砕します。 鉄筋がコンクリートカバーで保護されなくなったため、鉄筋に対する腐食攻撃が非常に速くなります。

構造はすぐに弱まり、使用できなくなったり危険になったりします。

炭素鋼RSSR(F)G IS 16651:2017

鉄の膨張は、錆びた鉄筋とクロムからなる製品のパッシブ層の体積が増加するためです。このため、「採用と酸化スペリング」が錆びを防ぎます。 腐食からコンクリート構造物を保護するために、あまり成功しなかったいくつかの技術が採用されました。
  • 鉄筋のコーティング。
  • 炭素鋼の代わりに合金鋼を使用。
  • 陰極防食
  • 具体的な抑制剤の追加。
  • コンクリートカバーの厚さを増やします。
  • 水/セメント比の低減

鉄筋へのコーティングの塗布は簡単な方法ですが、取り扱い中のコーティングの損傷が主な制限です。 インヒビターの効果は一時的で短命です。 陰極防食はおそらく完璧な方法ですが、実施するのは難しく、メンテナンスと監視が必要です(したがって、コンクリートの腐食保護を強化するための唯一の解決策はステンレス鋼です)。

濃度が1%程度の低合金鋼も答えではありません。コンクリートが高レベルの都市汚染と攻撃的な海洋環境の両方にさらされている場合です。

コネレテの補強に使用できるステンレス鋼の種類は何ですか?

鉄筋の選択には、さまざまな種類のステンレス鋼合金タイプを利用でき、機械設計の側面と環境の予想される腐食性に対応できます。 ステンレス鋼は主にXNUMXつの主要なグループで利用できます。 オーステナイト、フェライト、デュプレックス、マルテンシルト、析出硬化鋼。 相対腐食、寿命、ライフサイクルコストなどのいくつかの要因に応じて、SS REBAR GRADE Gステンレス鋼は望ましい材料です。 SS REBAR GRADE Gは現在、ムンバイにあるOrbit Buildcon&Reality [P] Ltd.が高級住宅プロジェクトに使用しています。 Orbit Buildconは、ムンバイにある有名な建設会社です。

ステンレス鋼鉄筋SSR 550

SS鉄筋グレードGの固有特性

炭素と窒素はステンレス鋼の機械的特性を制御します。 炭素と窒素の含有量が高いと、溶接性が低く、靭性が低くなるため、補強目的では有害です(炭素含有量を最大300 ppmに、窒素含有量を最大300 ppmに制御)。 その結果、良好な靭性と適切な機械的特性を備えた細かい等軸フェライト鋼が形成されます。そのため、SSR 550、グレードGは16651:2017ですが、コンクリートの補強用のステンレス鋼です。

SS鉄筋グレードGの化学組成

化学品CNiMnSiPSCrN
Min%0.0 - - - - 11 -
最大%0.030.601.01.00.040.03013.50 -

SS鉄筋グレードGの特性

同等の基準

SS REBAR GRADE GはIS I6551:20l7に該当し、A; LSzOはJIS G 4322の同等のグレードのすべての要件に準拠:2008

物理的特性

サイズと質量

呼び径(mm)公称質量/ M(kg / m)公称断面積(m * m)周囲
80.39550.2725.13
100.16778.5431.42
120.888113.1037.70
161.578201.1050.27
252.466490.9078.53
326.313804.20100.50

SS REBAR GRADE Gは切断特性が良好で、機械的せん断や研磨ディスクで工具/ディスクの摩耗が少なく簡単に切断できますが、オキシアセチレン炎で切断しないことをお勧めします。

溶接

SS REBAR GRADE Gは、細粒構造のため溶接性が良好です。 AFRIX RSSR(F)G IS 16651:2017などのフィラー材料、またはR309Lや316Lなどのオーステナイト系ステンレス鋼フィラー材料が推奨されます。

海洋環境、化学および鉱物処理プラントなどでは、腐食は通常、腐食性の高い塩化物イオンがコンクリートから鉄筋に侵入することによって引き起こされます。 鉄筋の腐食生成物(鉄塩と酸化物)は、元の鋼材よりもかなり大きな体積を占め、その結果、コンクリートにひびが入り、その後にスペルが生じます。
さまざまなソリューションでの浸漬試験は、SS鉄筋グレードGの適格な腐食速度(表1)を示しています。

テーブル1

ステンレス鋼鉄筋SSR 550(G)

SS鉄筋グレードGの利点

  • SS REBAR GRADE Gは、表面の酸化クロム層により、他のステンレス鋼と同様に本質的に優れた耐食性を備えています。

  • 炭素鋼と同等またはそれ以上の降伏強さだけでなく、良好な高温および低温引張りも備えています。

  • RSSR(F)G IS 16651:2017では、陰極防食は必要ありません。

  • It has got good weldabiiity due to very low percentage of carbon content {i.e.,0.03% max.)

  • It has very grand ductility.

  • No coating is required here tn have adequate corrosion resistance.

  • It can be shipped, handled and bent without any problem.

  • SS REHAR GRADE G excellent earthquake resistance due in high percentage of elongation and ductility.

  • Establish Examples of use of similar Stainless Steel Rebars

In South Africa

A Similar Product 3CR12 has been used extensively for many projects in bridges, building……

Switzerland & Part of Europe

In the region it is produced and promoted by SWISS steel under the brand name of TOP 12.

Japan

In Japan ferritic stainless meel rebar is being produced by Nippon Steel & Sumikin Stainles Steel Corporation under the brand name of NSSD410—295 External Wall of Nippon Keidanren Building of NSSD 410-295

Stainless Rebar

Life Cycle Cost

Life cycle costing estimates the total cost of product from initial outlay , through all related future cots may be incurred as Consequence of initial investment decisions. Wime making any building or RCC structure the inital investmentis going to be higher as there is price gap between Carbon Steel Rebar and SS Rebar Grade G . But in the long run there will be a major savings as building made by SS REBAR GRADE G does not need any maintenance/replacement. Hence, higher investment cost gets offset due to low maintenance.

The cost at adequate prevention carried out during the stages of design and execution are minimal
compared to the savings they make possible during the service life

SS Rebar Grade G Rebars are Characterized by Superior Mechanical Properties, Ductility & Enhanced Life. It’s Built to Last Longer

Certificates

Stainless Steel Rebar

It is a new kind of stainless steel rebar first introduced in India by Sunflag Steel. SS Rebar Grade G is a low cost stainless containing 11-13.5 % Chromium rebar.

Recent brochure

炭素鋼鉄筋とSS鉄筋グレードGの間に価格差があるため、建物またはRCC構造を初期投資するWimeはより高くなります。 しかし、長期的には、SS REBAR GRADE Gによって作成された建物はメンテナンス/交換を必要としないため、大きな節約になります。 It has got good weldabiiity due to very low percentage of carbon content {i.e.,0.03% max.)
  • It has very grand ductility.

  • No coating is required here tn have adequate corrosion resistance.

  • It can be shipped, handled and bent without any problem.

  • SS REHAR GRADE G excellent earthquake resistance due in high percentage of elongation and ductility.

  • Establish Examples of use of similar Stainless Steel Rebars
  • In South Africa

    A Similar Product 3CR12 has been used extensively for many projects in bridges, building……

    Switzerland & Part of Europe

    In the region it is produced and promoted by SWISS steel under the brand name of TOP 12.

    Japan

    In Japan ferritic stainless meel rebar is being produced by Nippon Steel & Sumikin Stainles Steel Corporation under the brand name of NSSD410—295 External Wall of Nippon Keidanren Building of NSSD 410-295

    Stainless Rebar

    Life Cycle Cost

    Life cycle costing estimates the total cost of product from initial outlay , through all related future cots may be incurred as Consequence of initial investment decisions. Wime making any building or RCC structure the inital investmentis going to be higher as there is price gap between Carbon Steel Rebar and SS Rebar Grade G . But in the long run there will be a major savings as building made by SS REBAR GRADE G does not need any maintenance/replacement. Hence, higher investment cost gets offset due to low maintenance.

    The cost at adequate prevention carried out during the stages of design and execution are minimal
    compared to the savings they make possible during the service life

    SS Rebar Grade G Rebars are Characterized by Superior Mechanical Properties, Ductility & Enhanced Life. It’s Built to Last Longer

    Certificates

    Stainless Steel Rebar

    It is a new kind of stainless steel rebar first introduced in India by Sunflag Steel. SS Rebar Grade G is a low cost stainless containing 11-13.5 % Chromium rebar.

    Recent brochure

    It has got good weldabiiity due to very low percentage of carbon content {i.e.,0.03% max.)
  • It has very grand ductility.

  • No coating is required here tn have adequate corrosion resistance.

  • It can be shipped, handled and bent without any problem.

  • SS REHAR GRADE G excellent earthquake resistance due in high percentage of elongation and ductility.

  • Establish Examples of use of similar Stainless Steel Rebars
  • In South Africa

    A Similar Product 3CR12 has been used extensively for many projects in bridges, building……

    Switzerland & Part of Europe

    In the region it is produced and promoted by SWISS steel under the brand name of TOP 12.

    Japan

    In Japan ferritic stainless meel rebar is being produced by Nippon Steel & Sumikin Stainles Steel Corporation under the brand name of NSSD410—295 External Wall of Nippon Keidanren Building of NSSD 410-295

    Stainless Rebar

    Life Cycle Cost

    Life cycle costing estimates the total cost of product from initial outlay , through all related future cots may be incurred as Consequence of initial investment decisions. Wime making any building or RCC structure the inital investmentis going to be higher as there is price gap between Carbon Steel Rebar and SS Rebar Grade G . But in the long run there will be a major savings as building made by SS REBAR GRADE G does not need any maintenance/replacement. Hence, higher investment cost gets offset due to low maintenance.

    The cost at adequate prevention carried out during the stages of design and execution are minimal
    compared to the savings they make possible during the service life

    SS Rebar Grade G Rebars are Characterized by Superior Mechanical Properties, Ductility & Enhanced Life. It’s Built to Last Longer

    Certificates

    Stainless Steel Rebar

    It is a new kind of stainless steel rebar first introduced in India by Sunflag Steel. SS Rebar Grade G is a low cost stainless containing 11-13.5 % Chromium rebar.

    Recent brochure