ステロイド市販

ステロイド市販
 
English English Japanese Japanese

見積もりを取得

     

    鉄鋼業の環境への影響

    現代のあらゆる業界と同様に、鉄鋼業界は過去数年から急速に成長している業界です。 これは、鉄やその他の合金を生産するために大量の天然資源を持っているインドに特に当てはまります。 しかし、XNUMX世紀には、気候変動、資源の不適切な管理、深刻な汚染など、多くの環境問題に取り組んでいます。 インドは、その大気質、および全体的な健康と生活の質がかなり低くランク付けされています。
    過去XNUMX年にわたり、環境保護主義者の焦点は、二酸化炭素排出量の自己認識を促進し、草の根レベルのライフスタイルの変更を導入して、環境に優しい実践を促進することでした。 しかし、最近では、一般大衆が環境への影響に責任を持つ大企業を受け入れ始め、CSR(企業の社会的責任)の傘の下で環境にやさしい慣行を導入するよう奨励しています。

    鉄鋼業の環境への影響は何ですか?

    鉄鋼業界の最大の環境影響のXNUMXつは 大気放出 (特にコークスの生産から)。 オーブンガス、ナフタレン、およびアンモニウム化合物は温室効果ガスの排出に寄与しています。 これらの同じ製品は、冷却プロセスで水を汚染します。

    油の炉と燃焼も貢献します 温室効果ガスの排出、二酸化炭素、窒素酸化物、二酸化硫黄などのガスによる汚染を含みます。 さらに、汚染はさらに大量の塵によって引き起こされます。

    それに加えて、この規模の業界は当然、非常にエネルギーを消費します。 施設の運営から生じる汚染(つまり二酸化炭素)は大量です。 ちょうど今年、世界は1万トン以上の鉄鋼を生産しており、そのために必要なエネルギーを想像することができます。

    鉄鋼業はどのように環境に優しい方法で働くことができますか?

    ただし、完全に暗い見通しではありません。 鉄鋼業界がもたらす環境への脅威にもかかわらず、それは依然としてリサイクルと再利用に大きく依存する生産プロセスです。 今日生産される鉄鋼の大部分は、リサイクルされた鉄スクラップであり、採掘されたばかりの鉄鉱石ではありません。 多くの鉄鋼製品は、リサイクルプロセスで廃棄物がほとんどまたはまったくないように製造されています。

    空気と水の汚染の問題は、より高品質のろ過システムを備えた新しい機械を導入することで対処されています。 の 鉄鋼省 インドでは、鉄鋼の効率的な生産のための行動計画も導入しており、産業の明るい未来を約束しています。

    Facebookで共有
    Twitterでシェア
    LinkedInの上にシェア

    金網と鉄筋

    多くの場合、プロジェクトでは、コンクリートを使用して長期的な建設結果を生み出す必要があります。 壁、道路、または橋や小道などの他の構造物を構築しているかどうか

    続きを読む»