ステロイド市販

ステロイド市販
 
English English Japanese Japanese

見積もりを取得

     

    ばね鋼の特性は何ですか?

    ばね鋼
    ばね鋼は、さまざまな種類のばねの製造に使用される最も一般的な材料です。 これは通常、高降伏強度と呼ばれる独自の特性を特徴とします。これは、かなりの曲げやねじれに耐え、歪むことなく元の形状に戻る材料の能力を指します。 したがって、この材料で作られた製品は、元の形状を失うことなく、大量の連続的な圧縮、曲げ、ねじれに耐えることができます。 ばね鋼のこの見事な特性は、合金鋼の特定の組成と硬化プロセスに由来します。
    中程度から高い炭素含有量のばね鋼は、通常、0.5から1.0パーセントの炭素で構成されています。 混合物に添加される他の合金は、マグネシウム、クロム、バナジウム、モリブデン、ニッケル、およびシリコンであり、シリコンは高降伏強度を提供するための主要な成分です。 この鋼は十分な柔軟性があるため、弾性限界まで簡単に曲げることができ、圧力や負荷を取り除くと変形することなく元の位置に戻ることができます。
    ばね鋼は、高い降伏強度に加えて、優れた引張強度と疲労強度を備えており、成形、成形、および後熱処理を行うことができます。 これらの特性により、この鋼は多くの産業用途に適しています。 引張強さは最終熱処理によって得られます。

    ばね鋼の用途

    ばね鋼は、その優れた特性により、汎用鋼としても知られています。 これは主に、高品質の鋸刃、ロックピック、アンテナ、およびスクレーパーの製造に使用されます。
    ばね鋼は、硬化および焼き戻しされた状態で、成形が非常に難しい平ばねの製造に非常に適しています。 小さなばねの場合、鋼は、熱処理を必要としないか、成形ひずみを緩和するために低温焼鈍だけを必要とする形でばねメーカーに供給されることがよくあります。
    らせんばねや平ばねの場合でも、鋼は焼きなまし状態で供給されます。 通常の炭素鋼は小さなばねを作るのに適したオプションですが、大きなばねの場合、断面全体で均一な構造を得るには、クロムバナジウム鋼やシリコンマンガン鋼などの合金鋼を使用することが不可欠です。 ばねの表面に何らかの脱炭や凹凸があると、疲労強度に悪影響を及ぼします。 したがって、メーカーは、最適な効率とパフォーマンスを得るために、スプリングの表面が完全に滑らかであることを確認する必要があります。
    Sunflag Steelは、耐久性と耐久性があり、いくつかの厳しい状況での使用に最適な高品質の製品を数多く発表している、インドの大手ばね鋼メーカーです。

    今すぐ共有

    Facebookで共有
    Twitterでシェア
    LinkedInの上にシェア