ステロイド市販

ステロイド市販
 
English English Japanese Japanese

見積もりを取得

     

    ステンレス鋼と軟鋼の違いは何ですか

    さまざまな種類の鋼鉄があると、それぞれの意味について混乱が生じることは理解できます。 用途と耐久性が大きく異なるだけでなく、非常に異なるコンポーネントを使用してさまざまな方法で作られています。 異なる鋼がどのコンポーネントで作られているかを知ることは、それがあなたのニーズにどのように役立つか、そしてどれを選ぶべきかを決定する素晴らしい方法です。 この記事では、ステンレス鋼と軟鋼の主な違いを見て、それらとその可能性をよりよく理解します。

    ステンレス鋼

    ステンレス鋼は、最小クロム含有量が11.5%の合金鋼です。 他の鋼とは異なり、腐食や錆びが発生しにくいことで知られています。 クロムはそれが汚れるのを防ぐものです–したがって、クロムが高いほど、酸化に対する耐性が高くなります。 100%の防錆性はありませんが、通常の鋼と比較して、天候による損傷を受ける可能性は確かにはるかに低くなります。

    軟鋼

    軟鋼は鋼合金の一種であり、「普通炭素鋼」。 これは最も一般的な鋼の形態の0.5つであり、特に輸送および建設業界でさまざまな方法で使用されます。 炭素がXNUMX%未満の炭素鋼は、軟鋼または低炭素鋼と呼ばれます。 炭素含有量の高い鋼と比較して、これははるかに延性があります。 用途に応じて、シートから梁までさまざまな形状にできます。

    それらはどう違いますか?

    名前が示すように、ステンレス鋼は腐食に対してより耐性があります。 軟鋼とは異なり、 腐食を防ぐために亜鉛メッキ、ステンレス鋼は単に研磨が必要です。 これにより、審美的な完全性を必要とする用途でステンレス鋼が非常に求められています。 例には、家庭用品、衣類およびファッション産業(時計ストラップ、ベルトバックル、靴の部品)が含まれます。 これは、ステンレス鋼が軟鋼の鈍いつや消し仕上げの外観がより光沢があるためでもあります。 また、ステンレス鋼は、クロムの存在により高い衝撃にも耐えられます。

    ステンレス鋼と軟鋼

    ただし、これにより、順応性が低下します。 軟鋼は、用途に応じて製造および成形が容易です。 このため、建設および電子産業で使用されています。 シート、ビーム、ワイヤに引き伸ばすことができるため、美的でなく用途の広い用途に魅力的なオプションになります。 これは、生産量が多い最も一般的な鋼です。 大量の鋼が使用される場所では、軟鋼を選択すると便利で費用対効果が高くなります。

    また、ステンレス鋼は軟鋼に比べてかなり硬いです。 これは、ステンレス鋼が水ベースの腐食に耐性があるためです。 残念ながら、これによりステンレス鋼の延性が低下します。 軟鋼とは異なり、溶接がはるかに困難です。 もちろん、軟鋼は、必要に応じてより多くの炭素を導入することで簡単に硬化させることができます。 ただし、硬度が低いため、大規模な作業に適しています。

    これらの特性により、軟鋼はステンレス鋼よりもはるかに軽量になります。これは、建設での使用を促進するもうXNUMXつの要因です。 建設作業で耐食性が必要な場合を除いて(ステンレス鋼が使用されている建物のクラッディングのように)、内部構造に軟鋼を使用する方が簡単です。 このため、大量の輸送にも便利です。

    もうXNUMXつの違いは、生産コストです。 ステンレス鋼のコンポーネントがそれを作ります 生産が高い、通常の炭素鋼とは異なります。 これは、原材料のコストだけでなく、製造プロセスのためでもあります。 さらに多くのステップが必要であり、ステンレス鋼を生産するには高度な熟練労働者が必要です。 そのため、お金を節約することが目標であれば、ステンレス鋼と比較して、財布ではマイルドカーボンスチールを選ぶ方がはるかに優れています。

    どのタイプのスチールを選択するかは、特定のニーズによって異なります。 で サンフラッグスチール、競争力のある価格設定と高品質の生産を重視しているため、適切な用途に適した種類の製品を入手できます。 どのスチールが最適かわからない場合は、知識のあるエンジニアから相談を受けることで、違いが最終製品にどのように影響するかを理解するのに役立ちます。

    Facebookで共有
    Twitterでシェア
    LinkedInの上にシェア

    金網と鉄筋

    多くの場合、プロジェクトでは、コンクリートを使用して長期的な建設結果を生み出す必要があります。 壁、道路、または橋や小道などの他の構造物を構築しているかどうか

    続きを読む»